About Yoga Gives Back

「ヨガクラス1回分で、誰かの未来を変えられる」———2007年に非営利組織ヨガ・ギヴス・バック(YGB)は ロサンゼルスで誕生しました。YGBが援助するのは、貧困に苦しむインドの母親と子供たち。彼らが自立できるための援助をすることを使命としています。

YGBは、ノーベル賞受賞経済学者ムハマド・ユヌスが提唱した画期的なマイクロ・ファイナンシングに共鳴し、従来資金にアクセスできないインドの貧しい女性たちに小額ローンを提供することからスタートしました。2010 年には、母親と子供たちに直接的なサポートするための独自のプログラム「シスター・エイド」、また2013年には貧しい高校生のための「SHE(Scholarship for Higher Education: 高等教育のための奨学金)」も発足。インドのNGO組織 ニシュタNISHTHA(ウエスト・ベンガル州)やデイーナバンドウDeenbandhu Trust Home(カルナータカ州)と提携。 現在、世界15カ国のヨガコミュニティの支援により、およそ900人の母親と子供たちに、小額ローンや教育費を一人最低5年間援助しています。

ヨガの市場はアメリカだけでも、1年間で総額270億ドル(約3兆円)と言われます。このほんの一部がインドの貧しい人たちのために使われたら、きっと何かが変わるはずです。そんな変化を、もっと多くの母親や子供たちにもたらしたいというのが、私たちの願いです。この思いに共感するヨガの仲間たちがロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコなど全米の都市から集まり、草の根の運動で始まったこの活動は、世界規模にまで広がりました。今ではイギリス、香港、中国、日本、シンガポール、マレーシア、タイ、ベルギー、オランダ、ブラジル、コスタリカ、カナダ、スウェーデン、ドウバイ、イスラエル、イタリア、スペイン他、世界中15カ国でYGBのためのチャリティ活動が開催されています。

ご質問、コメントはinfo@yogagivesback.comまで。(日本語OK)